平安時代から続く引き出物の歴史

結婚式や披露宴に足を運んでくださったゲストの方々にとって楽しみなグッズといえば、かわいらしい装飾や細かなところまで行き届いている心遣いを感じられるようなグッズですが、最も楽しみなグッズといえば、引き出物でしょう。引き出物とは、もともと平安時代からある風習で、お客様へいらしてくださったお礼として、庭に馬を引き入れ、贈るという「ひいでもの」から始まっています。より近くなった仲が後を引いていきますようにという願いが込められていました。それが、鎌倉時代などの戦国時代になってくると、ますます盛んになっていきました。

そこでは、親しい間柄を長引かせるという意味合いではなく、戦国の世の戦いで、武運を挙げることを祈って贈るようになっていきました。そのため、引き出物の品は馬ではなく、武具だけでなく、

  • 昆布
  • お茶

などが加わってくるようになって行きました。そして、近代になる頃には結婚式にいらしてくださったお客様へお礼の気持ちを表すものとして、また、贅沢な料理をみんなで口にして、幸運を広くいきわたらせてほしいという願いを込めて、引き出物は折り詰めが一般的な品として定着しました。

引き出物の折り詰めは、非常に長い間定着していたのですが、バブル経済時に、いわゆる「ハデ婚」といわれたように、結婚式や披露宴が次第に豪華に、華やかになっていくに連れて、引き出物も披露宴の記念品という意味合いや、頂いたお祝いに対するお礼という意味合いが強くなっていきました。現在のような、引き出物はお礼や感謝の気持ちを込めたグッズであるという意味合いになったのは、ごく最近の話なのですね。

引き出物の品

引き出物

引き出物の品も、どんなものにするか、時代とともに変遷してきています。折り詰めの頃は、出されたお料理を、一人ひとりに添えられた容器に入れて持ち帰るため、引き出物の品を選ぶ必要性というのはあまりなかったようです。ですが、現在では、引き菓子といって、日持ちする焼き菓子に加え、3から4品をつけることが一般的になっています。

地域によっては、更に豪華にする場合もあるほどです。また、以前は食器や花瓶などのように、大きくて重いものの方がお祝いとしてふさわしいと考えられ、重宝されていました。ですが現在では、交通機関も整ったため、ゲストの方も遠方から来ることができるようになってきていますし、その後二次会に行く場合も多くなってきたので、カタログギフトの形にもなってきました。こうしてみると、引き出物という1つのグッズも時代の流れに沿って、一緒に変わってきているのだと思います。

引き出物の予算

また、引き出物にかける予算も気になるところです。お土産とお礼の気持ちも込めて、それなりの金額のグッズを選択したいという気持ちはやまやまですが、数も多くなることが予想されるため、多くの金額をかけることは難しくなります。おおよそ平均的な金額としては、3,000円から5,000円程度の引き出物に、1,000円から2,000円程度の引き菓子をつけるというのが一般的です。

総額として、5,000円から8,000円以内に納めているというのがひとつの目安となっています。また、披露宴に出したお料理の3分の1から半額程度にするというのも、目安として使われることがありますが、こちらだと高額になってしまう場合があります。

引き菓子やカタログギフト

よく引き菓子として使用されるグッズには、バウムクーヘンやクッキー、鰹節などがあります。結婚式に出席したことがある方なら、一度は目にされていることでしょう。最近では、マカロンなども引き菓子グッズに出されるようになりました。ちょっとおしゃれなグッズとして、特に女性に喜ばれているようです。そして、迷いに迷う引き出物ですが、最近多いグッズとしては、何といってもカタログギフトです。持ち運びがしやすい上に、老若男女を問わずもらった人に応じて選べるというのが喜ばれている理由です。

ですが、やはりきちんと形のあるものを贈りたいという方もまだまだ多くいらっしゃいます。最も多く選ばれるグッズとしては、定番のグラスやマグカップなどの食器や、フォトフレーム、シューズケアセットなどがあります。こだわるカップルは、ゲストの性別や年齢に応じて、引き出物のグッズを変えるというケースも増えてきました。ただそのときに気をつけなくてはならないのは、大きさや形を揃えること。皆で比較しあったり見せ合ったりするものではないですが、個々に値段の区別があるような印象をゲストの方が持ってしまったら、せっかくのお祝いの気持ちも寂しさを感じてしまいますよね。

また、最近ではあまり気にされなくなってきていますが、引き出物のグッズを選ぶにあたって、品数が奇数になってしまったり刃物を贈ったりするのはタブーとされてきていますので、知っておくと役に立つと思います。

 

注目サイト

石垣島の体験ダイビングはこちら
http://www.panari-marine.com/

Last update:2017/5/18