結婚式の準備

いよいよ結婚が決まったら、多くのカップルが結婚式の準備にとりかかり始めますね。日取りを決めたり会場を決めたり、料理のメニューはどのようなものにしようか、誰を呼ぼうかなど、多くの決めることが出てきて、目の廻るような忙しい毎日が始まります。二人でどのような結婚式、披露宴にしたいか、予算や人数も考慮に入れながら、一から決めていかなければなりませんから、とても大変な作業になります。ですが、せっかく結婚式の準備をしているのですから、楽しくやりたいものです。

結婚準備の中でも楽しいものといえば、キャンドルや席札、結婚式招待状などのグッズをどんなものにするか決めたり作ったりするときですね。出産祝いにも必要なこういった細々したグッズには、二人のこだわりが出るもので、より二人らしい結婚式を作ってくれるものです。

結婚式招待状

結婚式場のプランに沿って、一人ひとりが手にする細かいグッズは一切お任せすることも出来ます。忙しくて時間がない場合や、細かいグッズに特にこだわりがないという場合、きちんとした形のものにしたいからお任せしたものにしたいという場合などは、お任せするスタイルを取る方が良いかもしれません。ですが、どうしてもお任せだけにすることが出来ない結婚準備のグッズがあります。それは、結婚式招待状です。結婚式招待状は、二人の結婚を公に発表する、最初のものです。

また、会社の上司や先輩、今までお世話になった方々から会社の同僚、親しい友人までという、幅広い方々に向けて出すものですから、失礼がないものであると同時に、結婚を喜んでもらえるような温かみのあるものにしなければなりません。そうなると、結婚式招待状は、どうしても二人のこだわりグッズになってしまいますよね。

インターネットで調べる

インターネット

今は、結婚式招待状に使う言葉や書き方を、インターネットで探すことが出来ます。以前は、結婚式招待状といえば、どのような言葉を使えば良いのか、書き方は一定の基準があるのかといったものは、結婚式場の方との打ち合わせの仲で尋ねたり、目上の方に尋ねたりして作らなければならなかったので、面倒くさいものでした。ですから、一括して結婚式場の方にお任せしてしまうのが主流となっていました。

今は、インターネットで結婚式招待状に使う言葉や書き方を調べられるだけでなく、様々な絵柄、種類のテンプレートもあるので、多くの選択肢から自分の好きなものを選ぶことが出来ます。結婚式招待状という1つのグッズに、より自分たちらしさを簡単に出せるようになったのですね。

手書きの招待状

でも、さらに結婚式招待状にこだわりたいという人たちは、手書きはもちろん、手作りの方もいらっしゃいます。結婚式招待状を手作りというと、とても大変な作業のように思われますが、作り方を調べてみてみると、思ったよりも簡単に出来ることがわかります。また、コスト削減という一面もありますので、結婚式招待状は、結婚式の手作りグッズの1つとなってきている流れがあります。

結婚式招待状を手作りするときは、会場の雰囲気や自分たちの目指す雰囲気とどうマッチさせたものを作るかがポイントです。例えば、内掛け白無垢の純和風の結婚式を挙げるなら、和風の結婚式招待状が合いますし、ガーデンパーティ風のウェディングパーティーを開きたいのなら、英語で横書きの結婚式招待状が似合います。また、結婚式招待状に使う用紙は大事なグッズです。花びらを散らした模様もありますし、緑の若葉を連想させるようなものも季節に応じて使っていくと、より楽しさを盛り上げてくれるグッズになりますね。

返信用はがきまで手作りをして結婚式招待状に同封すれば、受け取った招待客の方も、きっとわくわくした気持ちで結婚式に足を運んでくださることでしょう。